SiteMap
頬に手を当てる女性

大阪のクリニックの二重整形に興味がある

わたしは、昔から一重でした。高校生からアイプチをし、今は片方だけ二重になったのでもう片方だけしています。昔から一重がコンプレックスでした。そして二重整形に…

MORE ▶

大阪で2度した二重整形できれいなまぶたに

中学生のころから、一重まぶたであることがコンプレックスでアイプチをしていました。そこで15歳の時(中学卒業から高校入学までの春休み)に、親を説得して 初めて埋没法で、二重整形をしました。事前に予約をし、大阪のクリニックに行きカウンセリングを行い、先生と二重の幅などを相談し、その後、手術でした。
手術時間は30分程度。麻酔の注射による痛みはありましたが、麻酔の効果もあり手術の痛みはなく、価格は約70000円でした。これにより憧れの二重を手に入れましたが、約2年ほど経ったころから、二重の幅が狭くなり、ほとんど一重まぶたのような状態に戻ってしまいました。そして18歳の頃、もう一度、手術をしようと決断。このときは以前とは違う大阪のクリニックに行きました。
カウンセリングをすると、私の場合はまぶたの脂肪が多いため、再び埋没法をしても、またとれてしまうかもしれないとのことで、脂肪除去+埋没法を勧められました。二重整形の価格は約100000円で、手術をしました。今回も、麻酔の痛みはありましたが、二重整形の手術自体の痛みはなく、約30分で終了。大阪で手術をしてから、10年たっていますが、脂肪除去をしたおかげが、綺麗な二重を保つことができています。

二重整形の種類ごとの大阪での費用

大阪でも二重整形には埋没法と切開法の二つの方法がありますが、それぞれかかる費用が異なります。埋没法の一般的なやり方である2点止めと3点止めにかかる費用は、約8万円です。これは、二重整形において費用を一番安く抑えられます。埋没法には他にも二重まぶたが取れにくい埋没法や、糸の結び目が目立ちにくい埋没法がありますが、いずれもかかる費用は約15万円です。
大阪のクリニックで、埋没法で二重まぶたを作る際は、二重まぶたの持ちの良さと値段のバランスの良さから2点止めと3点止めがお勧めとされています。全切開法と部分切開法に分かれている切開法は、どちらのやり方でも埋没法より費用が高くつきます。なぜなら、埋没法はメスを使用しませんが、切開法はどちらともまぶたをメスで切る手術を行うからです。埋没法より持ちが良い二重まぶたを作る部分切開法にかかる費用は、約25万円とされています。
そして、部分切開法より二重幅の長い傷を作って二重まぶたを作る全切開法にかかる費用は、約30万円です。けれども、全切開法では埋没法や部分切開法と違ってたるんだ皮膚を切り取ったり、黒目を大きくみせたりできます。大阪でも二重まぶたを手に入れるために二重整形を受ける際は、二重整形の種類ごとにかかる費用を知ることで、無理に高い手術を選ぶ必要性から解放されます。

大阪でも二重整形の一つである埋没法は抜糸できる

大阪でも二重整形の一つである切開法は、手術を受けた後に元のまぶたに戻すことができませんが、埋没法は糸を抜くことで元のまぶたに戻すことができます。埋没法の手術を受けてから半年以内なら、抜糸することで二重まぶたを元に戻せますが、数年間糸が入っていると抜糸しても元のまぶたに戻らないことがあります。埋没法で結ばれた糸は、1?2mmの小さい穴から簡単に取り出せます。
しかし、二重整形を受けてから数年経つと糸が見えにくくなるので、小さい穴から抜糸できない可能性があります。埋没法の糸を簡単に取り出せるとまぶたの腫れはほとんどありませんが、抜糸するのに時間がかかった場合は内出血が多くなります。抜糸する目的は、主に元のまぶたに戻したい時や目の膨らみが気になる場合になります。けれども、目から埋没法の糸が出てきたら必ず抜糸する方がいい場合があります。
なぜなら、糸が出ているのを放置しても治らない上に、出ている糸により目が痛むからです。また、埋没法を受けてから一ヶ月近く経って、理想の二重まぶたになっていなくても抜糸するのを待った方がいい場合もあります。それは、まぶたの腫れが引くことで、二重のラインが整う可能性が考えられているからです。大阪で二重整形の一つである埋没法で二重まぶたを手に入れた後に抜糸する際は、手術を行った大阪のクリニックに行って抜糸の相談を受けることが必要になります。


コムロ美容外科クリニックは二重整形の大阪で人気のクリニックです!マイクロカット法という手法はご存知ですか?極細の糸を二重を希望する線に埋め込むことで、二重まぶたを作るもっともスタンダードな手法です!日常生活にすぐに戻ることが可能です!ぜひ大阪で二重整形を考えている方には必見の内容です!

list